歯肉炎で見られる症状は

歯肉炎を治すには

生活

歯肉炎の原因と治療法

歯肉炎は、歯周組織や歯根膜のうち死肉に炎症が見られる症状です。主にプラークによって発症することが多いですが、ホルモンの変調によって発症したり、服用薬物の副作用として発症することがあります。一般的には、慢性に進行します。また、妊娠2ヶ月から8ヶ月の間に歯肉の炎症が悪化することがあります。出産することで、ある程度改善しますが、早期にかかりつけ歯科にて受診します。歯肉炎の治療は、早期に歯科医にて適切な口腔衛生指導を受けることで、より重症な歯周炎を予防することができます。

予防歯科をはじめよう

スウェーデンは予防歯科先進国で、実際に70代でも平均して自分の歯を20本以上保っているというデータが存在します。国家プロジェクトとして取り組んだ結果、現在では世界で最も歯の疾患が少ない国と言われています。日本でも徐々にこの考え方が浸透しはじめており、定期検診を受ける人が増えつつあるものの、まだ十分に認知されているとは言えません。定期検診では歯や歯茎の状態をチェックしたり、プラークの除去、セルフケアが正しく行われているかどうかを確認します。健やかな歯を保つために予防歯科をはじめてみませんか。

↑PAGE TOP

© Copyright 暮らしの気分を変える方法. All rights reserved.